Automatorで「ファイル名を"自由"に置換」する方法

自分で簡単にプログラムを作れちゃうAutomator、かゆいところに手が届いて便利ですよね。私もニコ生の枠取りからストリーマーの設定を自動で行うアクションを作ってしまいました。

先日大量のファイルを一気にリネームする必要が出てきたので、これはAutomatorの出番だ!とリネームのサービスを作ろうと考えて探してみました。

しかし…Googleで「Automator ファイル名 置換」を探してみても、連番を最後につけるか、あらかじめ決められた文字列から文字列への変換ばかりで、肝心の自由に置換する方法にはたどり着けませんでした。

…という事で「"自由に"置換」できるAutomatorサービスを作ってみました!


1.  Automatorを新規作成

Automatorでサービスを新規作成まずはAutomatorで新規作成から「サービス」を選択します。


2.  なにを扱うのかを設定

受け取る選択項目を「ファイルまたはフォルダ」に。検索対象を「すべてのアプリケーション」に設定する。受け取る選択項目を「ファイルまたはフォルダ」に、
検索対象を「すべてのアプリケーション」に設定します。


3.  なにをするのかを設定

「Finder項目の名前を変更」を追加「Finder項目の名前を変更」を追加します。

オリジナルファイルを編集しない場合「追加」を選択この時「渡された Finder 項目の名前を変更します。“Finder 項目をコピー”アクションを追加して、オリジナルを変更しないでコピーを変更するようにしますか?」と注意文が表示されますが、今回は「追加しない」を選択します。

「コピーしてから名前を変更する」場合は「追加」
「オリジナルのファイルを変更する」場合は「追加しない」を選択して下さい。


4. 置換の準備

「Finder項目の名前を変更」が追加されました。名前を変更するアクションが追加されました。

「日付または時間を追加」を「テキストを置き換える」に変更名前を置換するには
「日付または時間を追加」を「テキストを置き換える」に変更します。


5. 自由に変更できるようにする

オプションを開き「ワークフロー実行時にこのアクションを表示」にチェックオプションを開き「ワークフロー実行時にこのアクションを表示」にチェックを入れます。
こうする事でサービスを実行する時にウィンドウが表示され、置換文字の設定ができるようになります。


4. 保存する

適当な名称で保存するてきとうな名前(今回は「ファイルを置換」)でサービスを保存します。


これを使うには、名前を変更したいファイルを選択した状態で右クリック。
サービスから「ファイルを置換」を選択すると、名前を変更するウィンドウが表示されます。

COMMENT FORM